ネットで話題

サルでも解る?!フレッツ光(西日本)の料金プランや違約金を徹底解説!

非常に分かりにくいことで定評のあるフレッツ光の料金プラン。

回線工事や光電話、さらに回線業者とプロバイダが分かれていて、ADSLやモバイル回線と比較してとても複雑。

私は以前、フレッツ光の販売をしていたこともあるのでその辺り解説します。

※下の目次をクリックすると必要な情報までジャンプできます。

フレッツ光とプロバイダと月額料金

「プロバイダはどこを使っていますか?」

という質問に対して「フレッツ光」と答える人は結構多いです。

しかし実はNTTが提供するフレッツ光はインターネットの提供を行うプロバイダではありません。

そもそもフレッツ光はNTTが提供する光回線の名称で、プロバイダ、正式にはISP(インターネット・サービス・プロバイダ)はインターネットを提供する会社です。

プロバイダwithフレッツ

光回線のプロバイダにはyahooBBやOCN、ぷらら、Bigloobe、BBエキサイト、so-net等多数存在しますが、これらISPはフレッツ光の回線を利用してインターネットを提供するサービスです。

そのためフレッツ光の回線を利用した光回線サービスの多くには「withフレッツ」が付きます。

ぷらら光メイト with フレッツ

BB.excite光 with フレッツ※新規受付停止

Yahoo! BB光 with フレッツ

等多数あります。

料金も2社に払う

回線提供業者(NTT)とインターネット提供業者(ISP)が違っているため、フレッツ光を利用すると必ずその2業者に料金を支払うことになります。

つまりNTTへ支払うフレッツ光の基本料金(約4,000円程度)+プロバイダ基本料金(1,000円前後)となるわけです。フレッツ光を使用する限りNTTの料金は変わりませんがプロバイダ料金はそれぞれ違います。

例えばOCN 光 with フレッツの場合は、

フレッツ光(基本料5,400円)+プロバイダ料(1,100円)=6,500円から各種割引サービスで値引きされた金額が合計金額となります。

割引サービスは各申し込み窓口(量販店等の店頭申し込み、公式サイトのウェブ申し込み、代理店からの申し込み等)によって変わってきます。

ちなみに公式ウェブサイトから申し込みをした場合は、フレッツ光の基本料金(5,400円)から光はじめ割(‐1,100円)とが適用されるので月額4,300円+プロバイダ料(OCNの場合1,100円)=5,400円が月額料金となります。(初年度)

BBエキサイトの場合、NTTに払う料金はそのまま、プロバイダ料金は500円なのでOCNより600円安く利用出来ます。

工事費等の初期費用

インターネットはモバイル回線と違い、物理的な配線工事が必要となっています。

光回線を家庭もしくはオフィス等に引き込む場合、通常は近くの電柱から室内に設置する終端装置(ONU)と呼ばれる機器までが基本工事となっています。

一般的な初期費用

フレッツ光の初期費用は下記の通り。※NTT西日本です。地域や場所、環境によって違う場合があります。2015年5月から大幅変更になっています。

・一戸建ての場合

工事費18,000円+契約料800円=18,800円

※工事費を分割払いにした場合、初回3,000円+2回目以降500円/月×30回払いとなります。

・集合住宅の場合

工事費15,000円+契約料800円=15,800円

※工事費を分割払いに場合、初回3,000円+2回目以降400円/月×30回払いとなります。LAN配線方式の場合は工事費が7,600円となります。

使用している固定電話を光電話に移行する場合は上記に番号ポータビリティ(番号引き継ぎ契約)手数料2,000円と加入電話停止料1,000円が掛かります。

マンションタイプは規模や種類によって初期費用、月額使用料が変わってきます。

工事費を分割払いにした場合は毎月の利用料金に数百円程度加算されます。

途中解約の違約金について

工事費を分割払いにした場合、払い終わる二年以内に解約してしまうと当然残額分を支払う義務が生じます。ご注意ください。

その他にも光はじめ割等の各割引サービスに加入すると解約月以外で解約した際多額の違約金が発生します。

割引期間等の違約金詳細

フレッツ光は申込時に様々な割引プランに加入するため、契約して2年以降も多額の違約金が発生する場合があります。

光はじめ割

光はじめ割は2018年より新しく始まった割引プランです。こ術の光もっともっと割の後継割引です。

光はじめ割は2年自動更新の契約になるため、契約更新月以外での解約は以下の解除料がかかります。

• ファミリータイプ:10,000円

• マンションタイプ:7,000円

光もっと割(新規受付終了)

フレッツ光は契約から2年間、あっと割という値引きサービスに自動で加入することになります。

(2012年に終了しています。ちなみに西日本のみのサービス。)

もっと割はあっと割終了後も値引きが出来るサービスで、3年目からもっと割の適用がスタートします。

もっと割も2012年11月に新規申込は終了していますがそれ以前にフレッツ光を契約して使い続けている人はすでに適用されている場合が多いです。

図で書くとこんな感じ。2012年に契約した人は光もっと割に加入していると5年間は解約月を除いて違約金が発生します。

※現在このプランでの新規申し込みは終了しています。

光もっともっと割(新規受付終了)

※2018年4月にて受付終了

光もっと割の終了後に開始したサービス。3年目から割引が開始される「もっと割」に対し契約から10ヶ月後、使用期間が長くなるにつれて段階的に値引き額が大きくなるサービスです。

下の画像を見ればわかりますが光もっともっと割に加入すると解約月以外に解約すると違約金が発生します。

光もっともっと割の違約金は、先に説明した解約金(工事日から2年以内に解約した場合の残額)と重複して支払う必要があります。

そのため契約後1年以内に解約した場合、光もっともっと割の違約金(1万円)と工事費の残額(1万円強)が発生します。

※NTT西日本、ファミリータイプ(戸建て)の場合。

プロバイダの違約金

フレッツ光を提供しているNTTだけでなくプロバイダにも違約金が発生する場合があります。

例えばyahooBBの場合は開通後、2年以内に解約すると5,000円の解除料が発生します。

その他プロバイダによって様々ですが基本的にNTTの解約月であればプロバイダも違約金は発生しないことが多いです。

違約金を回避するには?

2年以内の解約やもっともっと割期間に解約すると多い時は3万以上の高額な違約金が発生してしまいます。これはかなり痛いです。

どうにかして回避することはできないの?

という問い合わせは多いですが、ルールに従って違約金を回避する方法は次の二つしかありません。

光エリア外に引っ越しする

この場合、継続して利用することが困難なので解約せざるを得ない状況にあると判断されるため、フレッツ光の違約金は発生しなくなります。

但し、フレッツADSLの契約は必要です。光回線が入ってないから光解約はやむを得ない、代わりにADSLを使ってねという感じですね。

しかしADSLの場合はすぐに解約しても光回線のような多額の違約金は発生することはありません。

光コラボレーションに転用する

光コラボレーションとはフレッツ光の卸売りサービスで、各プロバイダが提供している光回線サービスです。

フレッツ光から光コラボレーションの転用については違約金が発生せずそのまま乗り換えることが出来ます。※プロバイダの解約金は発生する場合があります。

光コラボレーションはOCNやso-net等様々な通信事業者が提供しています。

詳細は等サイトの光コラボレーションカテゴリをご参照ください。ちなみに我が家でももっともっと割適用1年目でしたが光コラボレーションに乗り換えて違約金を回避しています。

ABOUT ME
SuGaken
アイコン&ヘッダーまりあんぬさん(@komentozei) 「駄天するなら今しかない...」という雑記ブログを運営しています。19歳の時に社会の荒波に飲まれうつ病になりました。PS4版オーバウォッチにどハマり中!エンジョイ勢だけど勝ちにはこだわります