未分類

転職活動の期間と在職中の進め方を紹介!おすすめの時期はいつ?

「よし、転職しよう!」

と思い立っても、転職に適した時期や、在職中の転職活動の進め方など悩むことが多いのではないでしょうか。

どのくらい時間がかかり、何を準備したらいいのかわからないことばかりですよね。

この記事では在職中の転職活動をスムーズに行えるポイントや、転職に適した時期を紹介します。

転職活動におすすめの時期

転職活動に適した時期

「さあ、転職活動をはじめよう」

と意気込んでも、求人が少なければ希望の企業や職種に就職できる可能性が少なくなってしまいます。

せっかくキャリアアップするのであれば、選択肢が多いほうがいいですよね。

転職活動をはじめるまえに、転職に適した時期を知っておきましょう。

求人が増える時期がある?

どの企業も人材が足りなくなる時期があり、それと同時に求人を出すタイミングであるともいえます。

では、どの時期に求人が増えるのでしょうか。

3月~4月の上半期の節目

9月~10月の下半期の節目

夏のボーナス後

冬のボーナス後

年間で、求人が増えるターニングポイントは4回。

節目だから引き継ぎがしやすかったり、ボーナスを受け取ったりしてからの退職が多いので、必然的に求人数も増えてきます。

この時期に転職活動を行うことで、好条件の職場を探すことができたり、現在の職場に迷惑をかけずに転職できたりします。

転職活動の期間はどのくらい?

それぞれのペースがあるので一概には言えませんが、在職期間中の転職活動では

3か月~半年ほど

が一般的です。

ただ多くの人は、2週間から1か月ほどで内定が決まる人と言われています。

そんな中、なぜそんなに期間を設けるべきなのか不思議ですよね。

転職活動に必要な期間の設定方法と、スケジュールの組み立て方をみていきましょう。

転職活動をスタートさせるまえに行うこと

転職活動を具体的に始める前に、転職活動のための準備が必要です。

上で紹介した転職活動に最適な時期の中から、あなたが転職する時期を定めます。

そして、その前までにやっておくことがあるのです。

ここでは、転職活動のための準備や考慮しておくことを紹介します。

リサーチ

転職活動の期間に大きな差が出るのが、リサーチです。

2週間~1か月を目安に、希望する業界や職種の

などを検証していきます。

もし求人が出ていなければ、求人が多い時期を待って再度検討できますし、資格が必要な場合は、資格の勉強をスタートさせてもいいでしょう。

また自分のキャリアビジョンや、働きたい業種や職種の募集記事があれば、ピックアップしておくのも準備期間には必要なこと。

いざ就職活動を開始するときに役立ちます。

これらの条件をクリアするための期間を設定し、転職活動をスタートさせることが、ダラダラと転職活動を長引かせないポイントです。

履歴書の準備も忘れずに

これまで培ってきたキャリアをまとめる作業は、転職活動にとって欠かせない項目のひとつです。

経歴や職歴はもちろんのこと、これまで経験してきた仕事内容をより詳細に伝える『職務経歴書』の記入は、志望動機と合わせて力を入れて書きましょう。

職務経歴や志望動機はアピールになるだけではなく、面接官が欲しい人材をより分ける項目のひとつ。

ここをしっかり考えて書いておくことは、採用のチャンスを掴む足掛かりになります。

現在の職場の状況を考慮する

引き継ぎはしっかりと

自分のやりたいことを優先するばかりに、繁忙期での退職や、引き継ぎなどをしないで退職しようとしていませんか?

退社するなら円満退社にしたいものです。

そのためにも、

繁忙期の退職を避ける

引き継ぎ用の資料をつくる

後任の担当者に引き継ぎを行う

など必要最低限のことは行えるよう、転職準備期間を計算しましょう。

世の中、どこでどう繋がっているかわかりません。

現職場で雑なことをしていると、転職先で思わぬ落とし穴に落ちるなんてこともあり得ます。

もし早い段階で内定が出ても、繁忙期や引き継ぎ期間があることを説明すれば、その点を考慮して、就業開始日を設定してくれるでしょう。

「早く入社しなければ…」

と思うのもわかりますが、説明をすることで誠実さのアピールにもつながります。

在職中の転職活動の進め方は?

在職中の転職活動は時間との勝負です。

離職中の転職活動に比べ、準備期間を設定して、その通りに動くのは難しいこともあるでしょう。

しかし、

ポイントを押さえれば在職中でも転職活動をスムーズに行うことができます。

上記で紹介した準備期間をしっかり経て、具体的に転職活動をスタートさせましょう。

ポイント1 スケジュール調整をしっかりと行うこと

準備期間で培ったデータをもとに1か月~2か月ほどでスケジュールを立てていきます。

その内容をもとに、就職したいと思った企業に応募していきましょう。

在職期間中の転職活動になるので、数社の面接がある場合もありますよね。

その場合、無理に仕事終わりに面接に行かず、

1日有給を取り面接日にしてしまう

のもおすすめです。

ダブルブッキングや時間を間違えないように注意しましょう。

ポイント2 退職の相談はボーナスの査定後に

退職届を出すタイミング

雇用規約によりますが、退職を伝えるのは、2週間~1か月前に設定している企業が多いです。

しかしボーナスの査定のタイミングより『前』に退職を申告すると、通常よりボーナスが少なくなってしまう可能性があります。

そのため、退職届けを出すのはボーナスの査定後にするのが賢明です。

内定先企業には、就業開始日時を、ボーナスが出た後に設定してもらえば問題ありません。

退職するとはいえ、これまで頑張ってきた努力を無駄にする必要はありません。

査定後であれば、ボーナスでもらえる金額も変わらないので、査定後に退職届けを出しましょう。

さいごに

在職中の転職活動をスムーズに行うポイントは

徹底したリサーチを行う

準備に必要な期間も含めスケジュールを決める

もらうべきものはもらう(有給・ボーナス等々)

この3つ。

このポイントをしっかり抑え効率よく行えば、在職中でもスムーズな転職活動となるでしょう。

せっかくの転職ですから、あなたの夢やキャリアアップに繋がるチャンスにしてくださいね!

ABOUT ME
SuGaken
アイコン&ヘッダーまりあんぬさん(@komentozei) 「駄天するなら今しかない...」という雑記ブログを運営しています。19歳の時に社会の荒波に飲まれうつ病になりました。PS4版オーバウォッチにどハマり中!エンジョイ勢だけど勝ちにはこだわります