未分類

千鳥ノブのツイッター炎上。西日本豪雨被害の支援物資受け入れ誤情報拡散し謝罪。画像あり

西日本を中心に襲った“平成最悪”の豪雨「平成30年7月豪雨」によって、12日午前までの死者数は13府県で180人以上、行方不明者は60人以上にのぼり、現在も自衛隊などによる懸命な捜索・救助活動が続けられています。

この平成最悪の豪雨被害に遭った被災地に向けては、災害支援の寄付金募集が始まっているほか、支援物資も続々と被災地へ送られているのですが、大雨の被害に遭った岡山県井原市出身のお笑いコンビ『千鳥(ちどり)』のツッコミ担当・ノブさん(本名=早川信行 38歳)は、自身のツイッターを使って各被災地の被害状況や支援などに関する情報を拡散したところ、その中に誤った情報が含まれていることが発覚し、ツイッターが炎上状態になっています。

千鳥ノブさんは6日の時点で、実家で暮らす家族たちが全員避難したことを報告した上で、被災地に住む人に向けて早急に避難するよう呼びかけ、その後も被災者に有用な情報の拡散などに協力しており、10日には「大雨災害に伴う被害が僕の地元にも及びました。家族は避難しましたが、街は大変な事になっております。」と地元の被害状況を明かし、井原市の復興寄付サイトが開設されたことを報告していました。

その2日前の8日には、岡山県倉敷市内のセブンイレブンで支援物資の受け入れを行っているという情報をリツイートし、この投稿は9300件以上のリツイートを記録していたのですが、この情報は誤りであることが後に発覚しました。

ツイッター上には誤った情報も数多く投稿されることから、その情報は本当なのかどうかしっかりと確認する必要があり、特に影響力のある芸能人が情報を拡散する際には、より慎重にならなければいけないというのは当然のことではあります。

しかし、千鳥ノブさんの地元も豪雨被害に遭っており、東京にいながら少しでも役に立ちたいという思いから情報の拡散に協力するのも理解が出来ますし、今回このような騒動に発展しまったものの、すでに問題は解消されているとのことなので、千鳥ノブさんのことをこれ以上外部の人間が叩くのは避けてほしいなと思います。

また、千鳥ノブさんは今回の経験からより慎重に情報の拡散に協力したり、出来れば物資よりも寄付金などに関して有用な情報を流してもらえたなと思いますね。

ABOUT ME
SuGaken
アイコン&ヘッダーまりあんぬさん(@komentozei) 「駄天するなら今しかない...」という雑記ブログを運営しています。19歳の時に社会の荒波に飲まれうつ病になりました。PS4版オーバウォッチにどハマり中!エンジョイ勢だけど勝ちにはこだわります