未分類

『令』の正しい書き方とは?『マ』が付く漢字との違いをチェック

令と書くと

「ご令室様の一日も早いご回復をこころからお祈り申し上げております。」

年配の人に書いた手紙の文章で『令』の字が、上図のような『マ文字』になってしまいました。

『ご令室様』と書かないと失礼にあたらないか、心配になります。

でも、ようやく書き上げた手書きの長文です。

できれば、このままで投函したいところですが、はたして大丈夫でしょうか?

小学校四年生の教科書で習った愛着のある文字ですが…。

気がつけば、まわりの新聞や雑誌、パソコンの文字はすべて『令』となっています。

やはり手紙を書き直すべきでしょうか?

いいえ。

安心してください。

『令』のマ文字は、正しい書き方でした。

この記事では、『令』の正しい書き方と、マ文字の違いを、詳しくお話していきます。

『令』と『マ文字の令』はどちらも正しい

すこし専門的になりますが、新『常用漢字表』というものが、平成22年11月30日に内閣告示(ないかくこくじ)されました。

『常用漢字』というのは、『常用漢字表』という規格に収められている漢字(2136字)のことで、今の日本における漢字使用の『目安』とされています。

主に法律の文書や、官庁の文書、新聞・雑誌・放送などマスコミの印刷物を対象とした規格です。

これは各省庁に対して出される命令のことで、

公務員の業務上の作成文書は常用漢字表の範囲内で行わなければならないこと

になるのです。

新聞社や雑誌社、NHKや民間放送局についても、それぞれの対応を迫られることになります。

しかし、科学・技術・芸術の分野…さらに

個々人の表記にまで適用するものではない

とされています。

つまり、

一般人が手紙を書いたり、日記を書いたりするときに常用漢字以外を使うのは個人の自由

というわけです。

(参照:阿辻哲次著『漢字再入門』)

しかし、いくら

「自由ですよ!」

といわれても、『令』のマ文字のように活字と違って見える文字は、大切な手紙に書いて良いものかどうか、とても気になるところですよね。

でも安心してください。

『令』のマ文字は、常用漢字の使い方に含まれていました。

『常用漢字表』の付表『字体についての解説』のなかで『明朝体と筆写の楷書の関係』は…。

印刷文字と手紙文字における習慣の相違に基づくものにすぎないとされているのです。

上の図が、その例としてあげられています。

左が明朝体の印刷文字『令』。

右二つは『令』の筆写の楷書です。

右の二つとも正しい書き文字の例なのです。

そして、右端にあるのがマ文字です。

マ文字は常用漢字表の規格によれば、『令』の書き文字として立派に認められています。

ただ手紙とか日記とか個人の世界では、それで問題はないのですが、じつは社会の現場ではトラブルがおこっていました。

『令』のマ文字が窓口でトラブル?

数十年前にある人が出生届けを提出に行ったら、

「この文字は正しくない」

として受理されなかった有名な話があります。

当時の『当用漢字字体表』には、その文字がなかったのです。

その人の届けた手書きの姓は『鈴木』で『令』のマ文字が入っていました。

現在では、もうこんなことは起こらないはずですが、人名についての窓口業務では、いろいろとトラブルがあるようです。

平成28年2月29日の文化審議会国語分科会のトラブル事例報告です。

戸籍係の窓口業務において、『令』のマ文字で手書きして届けたが、『令』の字形と違うので、別の字と判断されるから書き直すように求められた。

『令子』という女性が、とある金融機関の窓口で記名した際にマ文字の形で書いたら、活字の通りに書き直してほしいといわれた。

いずれも印刷文字の形と書き文字の見た目の違いからくるトラブルです。

『常用漢字表』によれば、字体について

『手書きする際には手書きの習慣に従ってよく、印刷文字の通りに書く必要はない』

はずなのです。

どこで食い違つたのでしょうか?

『常用漢字表』でいわれていることを知っていたかどうか、窓口業務担当者に意識調査が行われました。

およそ70%が内容まで知っていた、参考にしていると答えています。

それでも書き換えるように言われるケースがあるのです。

同じく『令』の正しい書き方について一般人の意識調査の結果は…。

• 『令』の書き言葉はマ文字だけが適切…30.7%

• 『令』の書き言葉は『令』の形が適切…34.5%

• どちらも適切…32.9%

• どちらも不適切…0.6%

となっているのです。

どちらも適切という正解は、たった三割でした。

一般人としては、高い正解率と言えるのでしょうか?

一般人とはいえない金融機関・郵便局で、『令』のマ文字は『令』とは別の文字であると誤った解釈をしているケースも報告されています。

これからも、社会の現場窓口でのトラブルは続きそうですね。

小学校の教科書だけどうして『令』はマ文字なのか?

情報化が進んで新聞もテレビもパソコンも、明朝体やゴシック体など印刷活字の世の中です。

どうして小学校四年の教科書だけ『令』がマ文字で印刷されているのでしょうか。

不思議ですよね?

上図は、小学四年の教科書にあった文字です。

何度も書いておぼえた懐かしい書体でしょう。

これを『教科書体』といいます。

戦前、初等教育で使われる教科書には、

できるだけ手書きに近い形で文字を表示する必要がある

と考えられたのです。

漢字の勉強の始まりは、書いておぼえることでした

そこで小学生用の教科書のために新しい書体が活字で作られました。

『令』の活字も書き文字のマ文字にされたのです。

『教科書体』が作られたのは、戦前の1937年(昭和12年)のことです。

国定(こくてい)教科書から、戦後、民間の教科書会社に編集と印刷が移ったあとも、教科書体は似た形のまま現在まで引き継がれてきました。

一方…。

中学生や高校生が使う教科書は、ふつうの書物と同じように明朝体で印刷されています。

そこでは明朝で『令』と印刷されているのです。

以上が、『令』のマ文字が小学校の教科書に出てきた経緯でした。

(参照:阿辻哲次著『漢字再入門』)

『令』のマ文字のルーツを探す旅に出よう!

『令』のマ文字は、昔から書き文字として日本で使われていたことが分かりました。

では、その前はどうだったのでしょうか?

ここで思い切って、漢字の発祥である中国に、3000年ほどタイムスリップして『令』という字の誕生を探ってみましょう。

下は、白川静著『常用字解』の『令』の項目を撮った写真です。

『令』を意味する象形文字が縦に並んでいます。

上から二つは『甲骨(こうこつ)文字』。

さらに『金文(きんぶん)』『篆文(てんぶん)』と続きます。

甲骨文字は亀甲や獣骨(主に牛)に彫られた中国殷の時代・紀元前15世紀頃のものとされ、現存する最古の中国の文字です。

1899年に殷の王様の墓室が発見され、多数出土して、文字の歴史探訪が飛躍的展開を遂げたとされています。

金文は青銅器などの金属器に刻まれた文字で殷・周代の銘文(めいぶん)です。

これらの象形文字は

『深い儀礼用の帽子を被って、ひざまづいてお告げを受ける人の形を表している』

と綴られてあります。

その意味は『命』。

これが『令』という字のルーツです。

篆書体となって、なにやら『令』の形が見えてきました。

なんだかマ文字に似ていませんか?

でも、この先はどんな形になっていくのでしょうか?

ネットで調べていくと中国版ウイキペディアみたいな辞典がみつかりました。

(象形辞典vividict.com)

ここを開いて、検索に『令』と入れると、象形文字が時系列で出てきます。

はじめの意味は『命』とあります。

『甲骨』『金文』『篆文』の象形文字が続いて、おわりの『楷書』のところでは、

『令』のマ文字が見事に出現

していたのです。

『印刷文字』のところでは、日本の『教科書文字』そっくりになっていました。

いつの頃からか分かりませんが、中国にはすでに『令』のマ文字があったようです。

(蘇文山監修『アクセス日中辞典』を引いてみますと『司令』『号令』『冷静』などの『令』の印刷文字はすべてマ文字でした)

3000年をこえる悠久の時を経て、『命』を意味する『令』の象形文字は、日本の小学校四年の教科書にマ文字として継承されていたのです。

おわりに

『令』の書き方は、

令』と書いても『マ』が付く漢字を書いてもどちらも正しい

ということでした。

『常用漢字表』では、二つの書き方の違いは、

という習慣の違いが由来にすぎないとしています。

二つは同じ文字、自由に使ってよいのです。

マ文字は、小学四年生で学んだ『教科書体』という書式でした。

日本の初等教育では、書き文字を先に教えていたのです。

日常生活では、字を書く機会がますます少なくなっています。

でも、頂いた年賀状に一言、書き文字が入っていると、相手の顔が浮かんで、ほっとします。

たまには大事な人に気持ちを込めて、自筆の手紙を書きたいものですね。

ABOUT ME
SuGaken
アイコン&ヘッダーまりあんぬさん(@komentozei) 「駄天するなら今しかない...」という雑記ブログを運営しています。19歳の時に社会の荒波に飲まれうつ病になりました。PS4版オーバウォッチにどハマり中!エンジョイ勢だけど勝ちにはこだわります