格安SIMの基本

SIMフリースマホって性能落ちるのか?また機能落ちるのか?

やっほー!SuGakenです。

SIMフリースマホは発売当初、安い代わりに端末が重く動作が遅い端末ばかりでした。

さらにデザインも微妙なのが多くあまり魅力と言える部分がSIMフリースマホにはありませんでした。

そんなSIMフリースマホも最近では徐々に変わってきてるので、性能と機能がどう変化してるのかについて書きたいと思います。

最近のSIMフリースマホは大幅に性能が向上してる

特にASUSの「ZenFone」を触ればSIMフリースマホの性能は向上してるんだなと実感できます。

バッテリー、カメラ解像度、ディスプレイはiPhoneと比べても劣らないほどのパフォーマンスになっています。

さらにiPhoneはちょっと高いので、値段を抑えてSIMフリースマホを手にいれたい!という方にはZenfoneはオススメかなと思います。

SIMフリースマホの性能は値段で決まる

SIMフリースマホの性能、機能は正直値段が上がれば性能、機能も比例するように向上します。当然っちゃ当然ですね。

ただ注意してほしいのが、安いという理由だけでスマホの本体を選んでしまうと、毎日がマジでストレスになります。

なのである程度スマホは安すぎないのを選ぶのがいいでしょう。

てか、格安SIMでiPhone使いたいんだけど?

格安SIMでもiPhoneを組み合わせて使うことが出来ます。

iPhoneを格安SIMで使うとめちゃめちゃ感動するんですよ。

月額2,000円でiPhone使えんのか!となります。

iPhoneを使いたいならSIMフリー版のiPhoneを買いましょう。

Apple Storeに売られてるiPhoneはすべてSIMフリーiPhoneです。

まだ一度もau、docomo、softbankで使われてない未出荷のiPhoneですよね。

なので、Apple Storeで買ったiPhoneは無条件で格安SIMのSIMカード入れればすぐに使えます。

格安SIMでiPhone使いたいならApple StoreでiPhone買いましょう!

さらにSIMカードを入れてる様子も記事にしました!

1万の端末と3、4万の端末性能の違い

値段をアップさせると、性能と機能が上がるのは先ほど言いましたよね。

ネットやゲームをそこそこ行う人は、3万〜4万円台のモデルが最適です。

1万円台のスマホは必要最低限の機能のみ搭載されているのに対し、3万円台などになると基本的な機能やバッテリー性能がさらに向上されます。

キャリアスマホと同じ感覚で使うことができます。

ヘビーユーザーは4万〜5万円台

スマホをどっぷり使うヘビーユーザーなら4万円以上のものがおすすめです。

逆にヘビーユーザーが安い端末を買うと、すぐに買い換えることになり「安物買いの銭失い」になってしまうかもしれません。

ヘビーユーザーならネットやゲームをバリバリやるためにもハイスペックの端末を買う必要があります。

性能、機能に文句無しのハイスペック端末なら操作性もサクサク動いて、ストレスなく使えることができます。

SIMフリースマホは性能、機能に心配いらない

1万円台のHUAWEI「Ascend G620S」を使っても思ったのですが、SIMフリースマホの性能、機能は間違いなく向上しています。

ユーザーの使い用途によって、購入するスマホを選びましょう

iPhoneも良いですし、Galaxyもいいんですよね〜。

公式サイトで端末が売られてるので、それらを眺めてるだけでも楽しいですよ。

最後まで読んでいた抱きありがとうございます。