格安SIMの基本

データ通信SIM、音声通話SIMのメリット、デメリットを詳しく解説しよう。

やっほー!SuGakenです。

代表的なSIMカードは、大きく分けて3種類あります。

「データ通信専用SIM」「音声通話付きSIM」「SMS機能付きSIM」です。

今回はこの3種類のそれぞれのメリット、デメリットを解説します!

データ通信専用SIMのメリット

まずは「データ通信専用SIM」のメリットを話します。

「データ通信専用SIM」のメリットは、何と言っても料金が安いところです

MVNOにもよりますが、「データ通信専用SIM」だと1,000円未満の料金も多くあります。

「データ通信専用SIM」のメリットは、料金の安さです。

「データ通信専用SIM」のデメリット

続いて「データ通信専用SIM」のデメリットです。

「データ通信専用SIM」のデメリットは、電話番号がないので音声通話やSMSができないところです。

SMSと呼ばれる「ショートメッセージサービス」が出来なければ年齢認証ができないため、データ専用SIMだと「LINE」もすることが出来ません。

「データ通信専用SIM」のデメリットは、通話とSMSのやり取りが出来ないところです。

「音声通話付きSIM」のメリット

続いては「音声通話SIM」について。

「音声通話付きSIM」のメリットは通話ができるところです。

そして、「090、080」の電話番号で通話ができるところです。

「音声通話付きSIM」なら大手3キャリアからMNPと呼ばれる電話番号引き継ぎが出来るので、090から始まる電話番号が使えるのです。

「音声通話付きSIM」のデメリット

「音声通話付きSIM」のデメリットは、基本料金がデータ通信専用SIM、SMS機能付きSIMより高いところです。

また大手3キャリアが提供してるような無料通話、かけ放題サービスなどはなども利用できません.

「SMS付きSIM」のメリット

最後に「SMS付きSIM」についてです。

「データ専用SIM」にSMS機能が付いたSIMカードです。

「SMS付きSIM」のメリットは、SMSの送受信ができるところです。

「LINE」などの認証もSMS機能があれば出来ます。

音声通話はいらないけど、LINEのようなソーシャルネットワークを使いたい人はこのSIMを選ぶといいです。

「SMS付きSIM」のデメリット

「SMS付きSIM」のデメリットは、音声通話ができないところです。

またSMS送信時に料金がかかります。

ですが、SMSを送信する事は滅多にないと思うので、実質的なデメリットは音声通話ができないところですね。

まとめ

まとめるとこのようになります。

メリット デメリット
データ専用SIM 料金が安い SMS、通話できない
音声通話SIM 通話、MNP受け継ぎが出来る 料金が高い
SMS付きSIM SMSが出来る 通話ができない

 

このような感じです。

参考になったら嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうござました。