SuGakenがライフをハック中!

アニメ大好きな管理人が運営する様々なジャンルまとめサイト

矢木麻織香(陣幕親方娘)の年齢や母は?花田優一との馴れ初めは?

f:id:SuGakenkun:20171102174400j:image

こんにちは。SuGakenです。

今回は、陣幕親方の娘で、花田優一さんの結婚相手と噂されている矢木麻織香さんに注目していきます。

 矢木さんの年齢などプロフィールや

母親についてや、花田優一さんとの馴れ初めなど、気になる話題にズームイン!

広告

 

  • 矢木麻織香さんのプロフィール

まずは、プロフィールからみていきます。

一般女性の方なので、Wikipediaはありませんでしたが、過去に参加されたコンテストのサイト情報によると、

矢木 麻織香(やぎ まりか)さん

身長:163cm

出身大学:青山学院大学

出身:沖縄県

趣味:ホラー映画鑑賞、球技全般

 清楚で気立ての良さそうな美しい方ですね。

 矢木さんが大学時代に参加されたコンテストは、『NEWFACE GRANDPRIX』

関東・中部・関西・九州圏の大学・短大

専門学校の新入生の中から、一番の美人

を決めるコンテストなんだとか。

矢木さんは2003年に参加し、見事ファイナリスト6名の中に選ばれています。

エントリー情報によると、矢木さんは

青山学院大学経営学部に進学されて

いたようですね。

生年月日は公開されていませんが2013年時に新入生ということで、現役入学だと思いますので、1994年4月~1995年3月の間に誕生されたことになりますね。

 ってことは、現在22か23歳。

 球技全般が趣味だとのことで、かなり

スポーツ万能な活発な一面も垣間見えます。

 広告

 

  • 父(陣幕親方)と母について

矢木さんの父親は、元大相撲力士の

陣幕親方。

簡単にプロフィールをみていきましょう。

f:id:SuGakenkun:20171102173624j:image

いい笑顔ですねぇ。

四股名:冨士乃真 司

本名:矢木 哲也

生年月日:1960年11月6日(56歳)

出身地:千葉県船橋市

再高位:東前頭筆頭(1988年1月場所)

身長/体重:181cm/147kg

普段はけっこう強面で迫力がありそう

ですが、性格はとても温厚な方なんだとか。

まさに、この笑顔の写真が素顔なんですね。

 1976年~1990年に活躍された力士。

ちょうど千代の富士が不動の横綱として

長く君臨していた時代ですね。

怪我が多かったため、力士としては

あまり目立った活躍ができなかったようです。

矢木さんの母親については、ネット上から有力な情報が得られませんでした。

矢木さんの美貌からすると、かなりお美しい方なのではないでしょうか。

広告

 

  • 花田優一さんとの馴れ初めは?

矢木さんの結婚相手と言われているのが

花田優一さんです。

あの平成の大横綱と呼ばれた貴乃花さん

と元フジテレビのアナウンサー・タレントの河野景子さんを両親に持つ超サラブレッド。

1995年9月27日生まれの23歳。

中学卒業後に単身渡米し、イタリアに渡り靴職人として3年修行した後に帰国。

現在は、都内で自身の工房を持ち、完全オーダーメイドで靴を製作しているのだそうです。

 最近は、貴乃花さんの長男ということ

で話題になり、様々なバラエティ番組

に出られていますね。

お2人の馴れ初めについてですが、矢木さんが大学1年、花田さんが高校3年の時に、知人の紹介を通じて知り合ったのだとか。

花田さんの方が一目惚れして、猛アタックの末、交際に発展されたそうです。

しかし、まさかお互いのお父さんが大相撲力士だったなんて…

いやいやいや、そこは黙っておくところ

ではないですよね。

巷では、お2人の結婚が政略結婚では

ないか?などと穏やかでない噂も流れて

います。

2016年に実施された相撲協会理事長選挙では貴乃花一門貴乃花親方と、高砂一門八角親方(元横綱北勝海)の熾烈な一騎打ちになったことが記憶に新しいです。

先回は、八角親方側の勝利に終わりましたが、実は、八角親方側の直属に陣幕親方がいるというわけで、そんな噂が流れているようです。

大相撲の世界も古い業態なので、当然

何もしがらみがないとは言えませんが、

お2人にとっては、そんなの関係ねぇ!

ってところでしょうか。

 広告

 

  • まとめ

今回は、陣幕親方の娘で、花田優一さんの結婚相手と言われている矢木麻織香さんについて書いてきました。

なんだか、とても複雑な人間関係がからんでいきそうな予感もありますが、お2人は着々と愛を育まれてきたようで、

純粋にお2人が幸せになっていただくことを祈りたいと思います。

今回も最後までお読みくださって、本当にありがとうございます。

広告