SuGakenのあにちゅ~ぶ雑談

言いとこは言う。やりたいことはやるスタイルの雑記ブログ!

うつと診断された僕はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに助けられた。

スポンサーリンク

f:id:SuGakenLife:20170727151907p:plain

 

こんにちは。SuGakenです。

 

僕はおととしの年末にうつと診断されました。

 

当時正社員として働いていたが、そこでのストレスが重なったのが原因です。

 

それが理由でその会社は辞めましたが、そのあと何に対しても楽しめなくなかったですし、親も理解がなかったので「早く就職しろ!」などと言われてものすごく焦っていました。

 

しかし、そんなこととは裏腹に身体も心もついてこない日々が続いていました。

 

そんな日が続く中のある日、たまたま内藤哲也選手のプロレスの動画を見ました。

 

その試合を見てロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンにどはまりしました。

 

そしてロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに僕は救われました。

 

  • ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(Los Ingobernables de Japón)とは?

f:id:SuGakenLife:20170727151306j:plain

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとは、新日本プロレスで活動するプロレスユニットです。

 

ユニット名はスペイン語で「日本の制御不能な奴ら」という意味です。

 

ベビーフェイスでもヒールでもない一線を引いたユニットと称しています。

 

もともとメキシコにあるプロレス団体CMLLにあるユニット「Los Ingobernables」に遠征中だった内藤哲也選手が加入し、それを日本に持ち帰りました。

 

  • メンバー

f:id:SuGakenLife:20170727145716j:plain

 

   ・内藤哲也選手

   ・BUSHI選手

   ・EVIL

   ・SANADA選手

   ・高橋ヒロム選手

 

 

  • ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの神髄

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは「制御不能な奴ら」という集団です。

 

「言いたい事は言う。やりたいことはやる。」という集団です。

 

実際、試合中に乱入したり、反則技も出してきます。

 

ましてや、試合終了後に相手選手やレフェリーに対して、攻撃をすることだってあります。

 

ベルトを壊すこともあります。

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの選手たちは、会社に不満があればしっかり

と発言します。

 

周りから見たら嫌う人もいるかもしれませんが、当時の僕にはその選手たちがキラキラ輝いて見えていました。

 

  • 焦んなくていいと思えるようになった。

f:id:SuGakenLife:20170727145739j:plain

 

「Tranquilo 焦んなよ!」

 

これは、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのリーダーである内藤哲也選手の決め台詞です。

 

内藤選手はデビューしたての頃から次期エースとして期待されていたのですが、なかなか結果がついてこず、どんどんお客さんも期待されなくなりました。

 

すると、内藤選手が試合に勝とうが、G1を優勝しようがお客さんからブーイングの嵐を受けていました。

 

しかし、メキシコ遠征から帰ってきた内藤選手は自分勝手に振る舞いはじめました。

 

すると少しずつお客さんも共感を持ち始め、いつしか大人気になりました。

 

その姿を見ていると、焦んなくても自分のペースでいれば結果はついてくると感じました。

 

  • まとめ!

うつと診断されて、「もっと頑張らなきゃ。」「早く治さなきゃ。」と焦ってしまう方も多いと思います。

 

実際、自分もそうでした。

 

ですが、心に余裕が無いと、状況はどんどん悪い方向に向かってしまいます。

 

ですので、今まさに悩んでいるみなさんに内藤選手の言葉を贈りたい。

 

Tranquilo 焦んなよ!」と。

f:id:SuGakenLife:20170727145739j:plain