皆川久の顔画像や以前の職場・犯行動機は?再発防止に必要な体制は?

f:id:SuGakenkun:20171115045638j:image

こんにちは。SuGaken(@SuGaken_Anime)です。

かつて老人ホームで仕事をしていた皆川久容疑者が逮捕されるというニュースがありました。

皆川容疑者はどんな人なのでしょうか?

また、どうして今回報道されているようなことをしてしまったのでしょうか?

今回は、再発を防止するために必要な事についても、お伝えします。

広告

 

  • 皆川久容疑者の顔画像や以前の職場・犯行動機は?

名前:みなかわ ひさし

年齢:25歳

住所:東京都杉並区方南

以前の職場:介護付有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」

(現在は、勤めていません)

 

顔画像については以下の映像で見ることが出来ます

 

今回、皆川容疑者は

「世話が面倒になってしまった」

と述べています。

 

この発言だけを切り取ってしまうと、マイナスの印象を抱いてしまうかもしれません。

ですが、介護の仕事を実際に行なっていたということは「役に立ちたい」という思いがあったのだと思います。

(そうでなければ、別の仕事をしているはずです)

 

もしかすると、

「目の前の人の役に立ちたい」

「自分にできることはないだろうか」

「こういう対応をした方が、相手のためになるだろう」

「でも、自分の思うように物事が進まない」

「どうしよう・・・」

といった気持ちになってしまったとも考えられます。

 

もう少し状況を詳しく調べてみると、当日は夜勤をしており職員の数は皆川容疑者も含めて2人だったようです。

このことも踏まえて考えると、皆川容疑者自身、身体的にも精神的にも追い詰められてしまって余裕を失ってしまっていたと考えられます。

誰かに相談したくても、出来なかったもかもしれません。

 

とはいえ、皆川容疑者が結果的に多くの人に迷惑をかけてしまう結果となってしまいました。

今回の件のようなことを防ぐためには、何が必要なのでしょうか?

広告

 

  • 再発防止のために必要なことは?

今回の件で、亡くなった方の知り合いや「ニチイホーム鷺ノ宮」の職員の方は、とてもショックを受けているはずです。

老人ホーム側としても、再発防止のためにどうすれば良いのかを考えているでしょう。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

単純に「職員を増やせばよい」というわけではないと思います。

というのも、以前から「人材不足」と言われており、その状況は今も続いているからです。

 

そのような状況の中で出来ることと言えば、「困った時に相談できる体制」を整えることだと思います。

特に、職員となって日が浅い方だけでなく、比較的「ベテラン」である方に対しても必要でしょう。

 

職員が相談してくるのを待つのではなく

「何か困ったことはない?」

「仕事のことでうまくいかないことがあったらいつでも相談してね」

といった形で先輩から声をかけることで、精神的な負担は少し減らせるでしょう。

逆に

「誰も分かってくれない」

と思ってしまうと、一人で抱え込むことになってしまいます。

 

介護の現場だけでなく、どの職場においても「相談できる体制」は必要なことだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

他の記事もどうぞ!

www.sugaken-anime.co

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

広告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です