日本人は「メモリ」と、「ストレージ」が違うという事を知らなさすぎる!

スポンサーリンク


こんにちは。SuGakenです。

今日ふとTwitterのトレンドを見ていると、あるワードがランクインしていました。

2位にランクインしている「メモリ32GB」というキーワードが気になり開いてみると...

サイボウズという会社の全てPCのメモリが32GB搭載しているということで話題になってました。
Yamamoto, Hirotaka on Twitter: "情報システム部のあり方について、記事にしてもらいました! 「サイボウズのPC標準機はどれもメモリ32GB積んでるって、正直ムダじゃないですか?」 | サイボウズ式 https://t.co/eaPKpJii4t"

もっと、いろんな人のつぶやきを見てみると、

「僕のiPhoneのメモリなんて64GBだし笑」
「メモリ32GBとか少なすぎ。全然曲とか入らないじゃん!」
というようなつぶやきがちらほらと...

あれ?何かおかしくないか?

メモリとストレージを勘違いしている人以外と多いぞと思いました。

勘違いする理由は単位が同じだということかも
なぜみなさんが「メモリ」と「ストレージ」を勘違いするのか?

一番の原因は2つとも単位が同じGBだということなのです。

メモリを表す単位もGB、ストレージを表す単位もGBになってます。

このことにより、メモリとストレージが違うものだと知らない人も多くなっていると思います。

そもそもメモリとストレージの違いとは?
そもそもメモリとストレージの違いとは何なのか説明していきたいと思います。

メモリとは
メモリとはデータやプログラムを一時的に保存する場所です。

大きく言うと、データの読み書きができます。

モリーはRAMと呼ばれます。

ストレージとは
ストレージとはデータを保管できる場所です。

ストレージは読み込み専用になります。

ストレージはROMと呼ばれます。

モリーとストレージは似ているけど全く違うもの。
このようにメモリーとストレージは同じ単位で表されますが、働きは全く違います。

モリーとストレージの違いを知っていると、パソコン購入の時や、タブレット購入、スマホ購入する時にとても役に立ちます。

また「こんなことをやってみたいけどどのくらいのスペックが必要か分かんない。」と言う人もある程度知識を身につけておけば、後悔するような買い物をしなくなります。

家電量販店に行ってみて分からなくなったら、店員さんに聞くことをオススメします。

これからもっとパソコンやタブレット端末、スマホ端末は進化していきます。

皆さんも失敗しないようにしっかり調べて購入することをオススメします。