日馬富士逮捕引退?暴行から謝罪の経緯と貴ノ岩の復帰や公傷扱いは?

f:id:SuGakenkun:20171115031646j:image

こんにちは。SuGaken(@SuGaken_Anime)です。

大相撲・九州場所を平幕の貴ノ岩(27)がケガで休場している問題で、14日朝、横綱日馬富士(33)が取材に応じ、「ケガについて迷惑をかけた」と謝罪しました。

横綱日馬富士をめぐっては、前頭八枚目の貴ノ岩に暴行してケガをさせた疑惑がもたれています。

貴ノ岩は、「脳しんとうや髄液漏れの疑い」という診断書を提出し、九州場所を初日から休場しています。

広告

 

  • 何があったのか?

日馬富士、貴ノ岩は、モンゴル出身力士。

横綱である日馬富士は、10月26日、鳥取巡業の修了後、後輩のモンゴル出身力士を集め宴席を持ちました。

そこで、酔っぱらった日馬富士が貴ノ岩に絡み、「態度が気に入らない」と近くにあったビール瓶で思い切り殴打したとのこと。

そのため、貴ノ岩は今月5日から9日まで福岡市内の病院に入院。

師匠の貴乃花親方は、日本相撲協会に、今月9日付の「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」との診断書を提出し、九州場所休場となりました。

 また、10月28日には、広島巡業があり、そこには貴ノ岩は参加しています。

痛みを堪えての参加だったのかもしれません。

広告

 

日馬富士は、14日、記者の前で「貴ノ岩のけがについて、(貴ノ岩の師匠の)貴乃花親方、貴ノ岩の後援会の関係者のみなさま、相撲協会、そしてうちの親方に大変迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しました。

気になるのが、謝罪はしているのですが、暴行の事実を言葉で表していないこと。

これは、どういった意味なのでしょうか。

先を見越して、余計なことは言わないということなのか。

日馬富士は、すでに、弁護士と打ち合わせしているかもしれません。

そして、日馬富士は、記者の前での謝罪のあとの午前11時50分ごろ、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と、貴乃花親方の元へ謝罪に向かいます。

暴行から3週間弱経って、謝罪に行くのは、あまりに遅すぎて違和感を感じますが。

しかし、貴乃花親方は、日馬富士らが部屋の前まで来ているにも関わらず、それを横目に用事があるとして出掛けてしまいます。

しかも、目も合わせず、一言も話さず。

ちなみに、日馬富士は、今回の暴行のことが気になってか、今月12日から始まった九州場所では2連敗しています。

また、2日目は、貴乃花部屋の貴ノ岩の弟弟子・貴景勝と取り組んでいます。

日馬富士は、さすがにやりにくかったのでしょう。

この日は、全く士気がなく、簡単に敗れました。

取組後、日馬富士は、貴ノ岩のケガについて、記者に聞かれました。

日馬富士は、無言で苦笑いをし、引きつったような表情で車に乗り込んだそうです。

翌日3日目の謝罪した14日から、日馬富士は、休場しています。

広告

 

日馬富士は、もともと短気で、カーっとなりやすい性格と報道されています。

三役時代には、稽古場にあった分厚い板で、若い力士をの頭を殴るといったこともあったとか。

このときは、親方衆が止めに入ったようです。

また、横綱昇進後、禁煙の両国国技館の支度部屋で、タバコを吸うという不始末も。

今回の暴力事件で、このような重箱の角を突く話題がでてきたと思います。

しかし、横綱の品格を考えると、このような細かいことも模範とならなければならないのでないでしょうか。

広告

 

  • 貴ノ岩の症状は?

貴ノ岩は、全治2週間という診断書がでています。

これは、11月9日時点でのことですから、暴行された先月26日から顧みると全治4週間。

ということは、かなり重傷といえます。

診断書の内容を一つ一つ見てみます。

脳振とうとは、頭に衝撃を受けた直後に意識や記憶を失うこと。

左前頭部裂傷とは、左のおでこの皮膚にできた傷のこと。

右外耳道炎とは、右の耳に炎症が生じること。

右中頭蓋底骨折とは、頭蓋骨の中心部で脳から下を支える部分の骨折。

髄液漏とは、脳などを保護している液体(髄液)が骨折部から外に流れでてしまうこと。

中頭蓋骨折や髄液漏の場合、髄膜炎を起こし、脳の一部が働きを失って手足を動かすのに支障がでたり、しびれが出ることなどの症状を併発していた可能性があるそうです。

また、気になるのが、左右にケガをしていること。

専門家によると、相当強い衝撃が複数回にわたって加えられた可能性が高いのではと推測されています。

となると、日馬富士の罪は、益々重くなるかもしれません。

広告

 

  • 貴ノ岩は十両落ち?復帰は?

貴ノ岩の九州場所の途中出場は、絶望的だと思われます。

このままでは、現在前頭八枚目の貴ノ岩は、来年1月の初場所では、十両転落となってしまいます。

休場の理由が、自らのケガではなく、日馬富士の暴行によるものなのにです。

日本相撲協会の今後の判断によりますが、公傷扱いにならないものでしょうか。

あまりにも、貴ノ岩がかわいそうです。

また、貴ノ岩は、初場所には、復帰できそうな報道があります。

ですが、後遺症がどうなるのか。

中頭蓋骨折や髄液漏で、耳の聞こえが悪くなったり、頭痛やめまいなどが残ることがあるそうです。

ということは、平衡感覚にも影響するかもしれません。

今後の相撲人生に影響がなければいいのですが。

広告

 

過去の大相撲不祥事

最近になって、やっと相撲人気が復活しました。

大相撲界は不祥事が続き、人気低迷からの復活です。

今回の件で、ファンは、また相撲離れとなってしまわないのか。

大変大きな問題です。

2007年6月、時津風部屋所属の序ノ口力士・時太山が死亡。元時津風親方(元小結・双津竜)が弟子らに指示し、時太山にビール瓶で暴行。2008年2月に傷害致死容疑で逮捕され、2011年に懲役5年の実刑判決が確定。
2010年1月、元横綱朝青龍が、初場所6日目の後、都内の路上で知人男性に暴行を振るったと週刊誌が報道。日本相撲協会の理事会で事情聴衆を受け、横綱初の引退勧告され、騒動の責任を取る形で自ら引退。
2015年、元熊ケ谷親方(元十両金親)が、マネージャーの男性に暴行を加え、負傷させた疑いで9月に逮捕。10月に日本相撲協会から解雇。2016年3月に懲役3年・執行猶予4年の有罪判決。

広告

 

元朝青龍の引退勧告書の内容は、このようなものでした。

平成二十二年一月十六日未明に発生した横綱朝青龍関の一連の不祥事は、畏敬さるべき横綱の品格を著しく損なうものである。

示談の成立は当事者間の和解に過ぎない。

横綱に対する国民の期待に背いた責任を免れるものではない。

よって横綱審議委員会規則の内規5、ロ、の「横綱としての体面を汚す場合」により横綱引退を勧告する。
ここで出てくる「横綱審議委員会規則の内規」で、次のような場合、『激励』『注意』『引退勧告』をすることがあるそうです。

ただし、出席委員の2/3以上の決議が必要とのこと。

休場が多い
横綱としての体面を汚す
横綱として非常に不成績
日馬富士は、2013年2月、横綱の品格について「その人の全てが品格だと思います、僕自身は」と話しています。

また、元朝青龍の引退については、「朝青龍は、社会の中でやってはいけないことをやっているのだから、責任をとるのは当たり前」。

北村正任横綱審議委員会委員長は、日馬富士について、同審議委員会としての見解を示しました。

「協会による事実確認に基づいて審議することになる」「全力士の模範となる高い品格を持つはずの横綱が暴力沙汰を起こしたのであれば、大相撲全体に対する評価にも大きく影響する。協会の厳しい処置を求めることになるだろう」

日馬富士は、自身が以前に話した言葉と北浦委員長の見解をみて、どうするのでしょうか。

協会の判断の前に、潔く引退するのでしょうか。

  • おわりに

過去の暴行事件を反省し、2度と過ちを犯してはいけないとしていた相撲界。

ですが、起こってしまった現役横綱による暴行事件。

日馬富士は、過去の反省を理解していなかったということでしょうか。

広告

 

デイリースポーツの記事です。

 日本相撲協会八角理事長(元横綱北勝海)は14日、横綱日馬富士(伊勢ケ浜)が秋巡業中に幕内貴ノ岩(貴乃花)に暴行したことを認めた問題で、陳謝した。同時に危機管理委員会による調査を実施する。また、春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は、11月はじめに両力士の師匠にヒアリング調査していたことを明かした。
 八角理事長は「今まで講習会とかで、脇を締めてたつもりだが…。残念ですね。場所中に申し訳ないという気持ちでいっぱい」と唇をかみ締めた。「事実関係等いろいろ調べて。残念だけど、やることはきっちりやる。対応が遅れたのではない。ちゃんとやっている」とも説明した。
 秋巡業で起こった問題で、相撲協会は11月はじめに師匠の伊勢ケ浜親方、貴乃花親方からヒアリングを行っていた。春日野広報部長は「すぐにヒアリングをしているけど、あまりにも(2人の師匠から情報が)何にも出てこない。何にも無かったんだなという感覚だった」と説明した。
 それが初日から貴ノ岩が休場。13日には「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」の診断書が提出され、14日に暴行が明るみに出た。同広報部長は「師匠も把握してなかったのでは。でも被害届が出てるんだよね。そこが分からない。休むとは思っていなかったから。本人たちが師匠に報告していなかったのでは。詳しく知ったのは最近だって」と戸惑いを隠せなかった。続けて「相撲人気もみなさんのおかげで頂点。灯は消したくない。場所中にあえて出てしまったことに、非常に残念」と肩を落とした。
 協会は危機管理委員会を設置。危機管理部長の鏡山親方(元関脇多賀竜)は「11月3日に(ヒアリングを)やった。2日に初めて聞いた。早め早めに進めようと思って、電話した」と場所前から調査をしていた。しかし「両師匠が分からないと、それ以上は…。でもこれは(調査を)進めていく。警察に届けが出ている以上」と暴行問題を究明していく。

11月14日追記:日本相撲協会は場所前にヒアリングしていた

デイリースポーツの記事です。

 日本相撲協会八角理事長(元横綱北勝海)は14日、横綱日馬富士(伊勢ケ浜)が秋巡業中に幕内貴ノ岩(貴乃花)に暴行したことを認めた問題で、陳謝した。同時に危機管理委員会による調査を実施する。また、春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は、11月はじめに両力士の師匠にヒアリング調査していたことを明かした。
 八角理事長は「今まで講習会とかで、脇を締めてたつもりだが…。残念ですね。場所中に申し訳ないという気持ちでいっぱい」と唇をかみ締めた。「事実関係等いろいろ調べて。残念だけど、やることはきっちりやる。対応が遅れたのではない。ちゃんとやっている」とも説明した。
 秋巡業で起こった問題で、相撲協会は11月はじめに師匠の伊勢ケ浜親方、貴乃花親方からヒアリングを行っていた。春日野広報部長は「すぐにヒアリングをしているけど、あまりにも(2人の師匠から情報が)何にも出てこない。何にも無かったんだなという感覚だった」と説明した。
 それが初日から貴ノ岩が休場。13日には「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」の診断書が提出され、14日に暴行が明るみに出た。同広報部長は「師匠も把握してなかったのでは。でも被害届が出てるんだよね。そこが分からない。休むとは思っていなかったから。本人たちが師匠に報告していなかったのでは。詳しく知ったのは最近だって」と戸惑いを隠せなかった。続けて「相撲人気もみなさんのおかげで頂点。灯は消したくない。場所中にあえて出てしまったことに、非常に残念」と肩を落とした。
 協会は危機管理委員会を設置。危機管理部長の鏡山親方(元関脇多賀竜)は「11月3日に(ヒアリングを)やった。2日に初めて聞いた。早め早めに進めようと思って、電話した」と場所前から調査をしていた。しかし「両師匠が分からないと、それ以上は…。でもこれは(調査を)進めていく。警察に届けが出ている以上」と暴行問題を究明していく。

一体何をしたいのでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

他の記事もどうぞ!

 

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

 広告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です