外道はオカダカズチカを支えるプロレスブームの立役者?その名言に痺れる!

f:id:SuGakenkun:20171029063326j:image

新日本プロレスのみならず、日本のプロレス界全体を牽引していると言える
選手の一人を挙げるとすると、必ず名前が挙がるだろうと思われるのが

オカダカズチカ選手。

まさに、今のプロレス界を象徴する選手ですよね。

このオカダカズチカ選手を影で支えていると言っても間違いないのが
外道選手。

というか、個人的には外道選手がいなかれば、オカダカズチカ選手の人気は
ここまで出なかったと思っています。

今回は今のプロレス界を立て直した立役者の一人といっても言い過ぎではない、
外道選手にスポットを当ててみました!

広告

 

  • 外道というプロレスラーは強いの?セコンドの人じゃないの?

オカダカズチカを支える男!それが、外道!!

オカダカズチカ選手のファンにはお馴染みであろう外道選手。


ちょっとマイクパフォーマンスが苦手のオカダカズチカ選手に変わって、最後に
コメントを出して場を閉めたり。

リング下で、オカダカズチカ選手が劣勢に立たされると、マットを叩いて鼓舞し、
会場を盛り上げたり。


まあ、オカダカズチカ選手はスター性があり、ルックスもいい方で、
体系もずんぐりむっくり型ではなく、アスリート型。

確かに、プロレス界でのスターになり得るものを多数持っていると思います。

が、しかしですね、オカダカズチカ選手一人というプロレスラーで考えると、
ちょっと今のような人気が出たとは思えない。

正直、試合構成など、まだまだプロレスラーとして完成しているとは思えない。

広告

 

  • 外道はプロレス界のスターの裏方役?名脇役?

ここで登場するのが、外道選手。

前述したように、マイクパフォーマンスの閉めなど、外道選手がやる事が多く、
セコンドという形で、常にオカダカズチカ選手の横にいるという感じ。

オカダカズチカ選手をタッグを組むということはマレ。

ですが、これがオカダカズチカ選手の魅力を引き出しているんですね。

普段のオカダカズチカ選手のコメントや、しゃべりを見ていると、本当に好青年
なんですね。

ですが、この好青年というのが、今のオカダカズチカ選手には魅力とはならない。

それよりも、若くしてトップを極め、少し傲慢な発言、行動を行う。

そこが、カッコいいわけです。

が、それを一人で行うってのは、残念ながら今のオカダカズチカ選手にはその
技量がない。

そう思うんですね。

つまり、オカダカズチカ選手の今の人気を支えてきたのは、外道選手だ!
と断言してもいいのではないかと思うんですね。

実は、プロレスラーとしても実績は十分!

オカダカズチカ選手のマネージャーとして、絶賛活躍中の外道選手。

今ではジュニアのトップ戦線にいるとは言えませんが、今、活躍している
ジュニア世代の前の世代では、間違いないくトップクラスの選手でした。

デビュー以来、邪道選手とのヒールユニットとして活躍。

インディーズ、メジャーを問わずに活躍してきたんですが、2001年から
新日本プロレスに本格的に参戦。

実は、新日本プロレスに本格参戦するまではヘビーだったんですよね。

邪道選手と肉体改造を行って、ジュニア戦線で大活躍することになるんですね。

獲得したタイトルは、新日本プロレスのジュニアタッグ王座獲得をはじめ、
WEWFMW、WARなどの様々なタイトルを獲得してきている、実はすごい
選手だったんですね~

 

実は、プロレスラーとしても実績は十分!

オカダカズチカ選手のマネージャーとして、絶賛活躍中の外道選手。

今ではジュニアのトップ戦線にいるとは言えませんが、今、活躍している
ジュニア世代の前の世代では、間違いないくトップクラスの選手でした。
 広告

  • デビュー以来、邪道選手とのヒールユニットとして活躍。

インディーズ、メジャーを問わずに活躍してきたんですが、2001年から
新日本プロレスに本格的に参戦。

実は、新日本プロレスに本格参戦するまではヘビーだったんですよね。

邪道選手と肉体改造を行って、ジュニア戦線で大活躍することになるんですね。

獲得したタイトルは、新日本プロレスのジュニアタッグ王座獲得をはじめ、
WEWFMW、WARなどの様々なタイトルを獲得してきている、実はすごい
選手だったんですね~

広告

 

  • 外道は天性のパフォーマー!やっぱり、あの名言は盛り上がるね!

パフォーマーとしての実力は、やっぱり真面目な一面から!?

かつてはジュニア戦線のトップを走っていたとは思えないかもしれませんが、
それは動かすことができない事実。

その頃から、外道選手はパフォーマーとしての才能は発揮されていたようですね。

試合後のマイクパフォーマンスは、ほぼ外道選手の担当だったし、プロレスラー
としても非常に受身がうまく、相手を引き立たせることが上手く、今でも6人
タッグなどに登場すると、その実力を垣間見ることができますね。

その実力を支えているのは、アルコール類を一切取らずに、練習も真面目という
一面らしいんですが、やっぱりヒールの選手は常識人というか、真面目な人が
多いんですね。

広告

 

外道の名言といえば、やっぱりコレ!!

今や、外道選手の代名詞とでも言える決め言葉が、名言、

「レェェェェェェヴェルが違うんだよ!レヴェルが!!」

あの巻き舌がなんとも言えませんよね!

まさに、その名言1つで

「金の雨が降るぞ~」

って、感じですよ。

広告

 

  • まとめ

●今、プロレス界を代表するオカダカズチカ選手を支えるのが外道選手。

●外道選手はジュニアのトップ戦線で活躍してきた選手。

●外道選手は天性のパフォーマー。マイクパフォーマンスはもちろん、豊富な練
習に裏付けられた受身の上手さは、相手を引き上げることができる希有なプロレ
スラーの一人。

今のプロレスブームを作り上げてきた表の立役者は棚橋弘至選手。

そのブームを盛り上げていったのがオカダカズチカ選手。

そのオカダカズチカ選手を支えてきたのが外道選手であると考えると、
プロレスブームを作り上げてきた裏の立役者だと言えるんじゃないでしょうかね。

まだまだオカダカズチカ選手の人気は衰えることは無さそうで、外道選手の
活躍もまだまだ続きそうです!

広告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です