【化物語】ハーレム王「阿良々木暦」のステータスは如何程なのだろうか!? 阿良々木くんのキャラ紹介をしちゃいます!

f:id:SuGakenkun:20171115060307j:image

「僕は人間じゃない。でも、本物の吸血鬼でもない。強いて言えば・・・その成れの果て」阿良々木暦を掘り下げます!

こんにちは。SuGaken(@SuGaken_Anime)です。

今回は「化物語」の主役、そしてなぜかひたすらモテる「阿良々木暦くん」につてい掘り下げるという記事になります。掘り下げるというよりは、単なるキャラクター紹介というものですが、あえて掘り下げてみよう!という感じで入らせて頂きました。物語シリーズファンの皆様であればもうご存知のことも多いかとは存じますが、年末の特別記事ということで、阿良々木暦くんについて語ろうと思いますので、是非最後までご覧ください!

広告

 

では、まずは阿良々木くんの基本的な情報から記載していこうと思います。阿良々木くんについて深くご存知でない方は必見です! 是非是非こちらの情報を見て頂いて、阿良々木くんの大ファンになっちゃって下さい!

f:id:SuGakenkun:20171115055938j:image

名前:阿良々木暦(あららぎこよみ)

身長:165㎝(恋人のガハラさんと同じ)

誕生日:4月の中頃(正確な日付は不明)

血液型:不明

怪異:吸血鬼

という感じで、基本的な情報をまずは記載させて頂きましたが、キャラクター設定の部分で不明なところが多いというのが阿良々木くんの特徴でもあります。特徴というのは変ですが、原作者の西尾維新先生はどういったようにキャラ設定をされていたのかが少し気になるとことでもあります。誕生日すら正確な日付がわからないという具合なので、西尾維新先生的に女性キャラを中心にキッチリと設定されたということなのでしょう。阿良々木くんは結構乱雑な設定であり、小説の中でも容姿の設定すら一切書かれていなかったので、アニメ化の際は「これだけ女性にモテるんだから、イケメンのはずでしょう」というほどに阿良々木くんの情報を綴っていないというデータが浮き彫りになりました。これはこれで中々面白いとも言えますね!

身長は恋人であるガハラさんと同じということで、これは彼氏として・・・というか男としての威厳が・・・、という具合でしょうね。しかしながら、とてつもなく長いアホ毛があるお陰でなんとか「俺そこそこ身長高いんだぜ?」という感じでいるのでしょう(個人的な感想)。サラッと言いましたが、このアホ毛も阿良々木くんのチャームポイントであり、アニメでは効果音付きでよく映し出されている場面がありました。ピヨッピヨッ、という具合に「このアホ毛は阿良々木くんだ!」と、一発でわかるほど、阿良々木くんを構成する見極めポイントでもあります。むしろ、これがなければ阿良々木暦ではない! と言ってもいいくらいにもう物語ファンであれば定着しているキャラデザでもありますね!

広告

 

ではここから個人的な阿良々木暦の考察を行なっていこうと思います。物語シリーズを全て読破し、(私ごとで大変恐縮ですが、当方ラノベ作家を目指しておりまして、西尾維新先生を師匠のように思っている筆者葵です)アニメや劇場版も全て視聴した私が思う阿良々木暦の人物像というものをここで述べようと思います。

広告

 

阿良々木くんと言えば、やはり「吸血鬼」という言葉が一番のポイントであるのが窺えます。高校3年の春休みにキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(現在の忍ちゃん)に出くわし、完全なる吸血鬼(正確には忍の眷属)となりますが、傷物語を見ていない人がいそうなのでネタバレなしの方向で行きたいので詳しくは語りませんが、色々とゴタゴタがあり、結局のところ現在はほとんど生身の人間と言っても過言ではありません。「ほとんど」というだけであって完全な人間でもなく、いわば人間でもなく吸血鬼でもない、不完全な吸血鬼、という具合でしょう。忍ちゃんとのペアリングにより忍ちゃんにある程度の血を与えれば双方ともに吸血鬼に近づくというなんとも不思議な存在です。

www.sugaken-anime.com

広告

 

吸血鬼話はこの辺りにしておきまして、日常ではかなりのハーレム王的存在であり、作中に出てくる人物はほとんど女性、そして登場する女性とことごとく絡み、いい感じになってしまうという一面もあります。八九寺真宵神原駿河羽川翼千石撫子化物語ではそれぞれのヒロインに好かれているという部分があり、やはりイケメンということが挙げられます。それはおそらく阿良々木暦という人物の内面が大きいと思われます。外見ももちろんイケメンの部類でしょう。しかしそれ以上に内面の部分、いわゆる彼の性格というものがどうしても登場するヒロインたちに刺さってしまうというのがハーレムの一番の要因となっているのは間違いなさそうです。困っている人を見捨てておけない性分であり、その性分がかなり深く重いと言ってもいいほどのレベルであるということがいえるでしょう。

広告

 

  • 阿良々木くんってシスコン?

化物語シリーズでは阿良々木くんを「起こす」という場面でしか登場しませんが、偽物語にて妹である阿良々木火憐阿良々木月火に関して深く触れられています。結論から言ってしまうと阿良々木くんはシスコンではない、というのが私の見解です。確かに、妹を全裸にしたり、変態プレイをしたり、胸揉んだり、一緒にお風呂入ったりetc、もうシスコンの領域超えてるんじゃね? と言えるような内容であったのは間違いありませんが、それでも彼は誰に対してでもああであると言えると私は思います(風呂とか変態プレイ除いて)。阿良々木くんの性格上、可愛い妹が放っておけないたちであり、またそのお節介が強いことからシスコンであるという風に見られてしまっていると私は思っています。まあ阿良々木くんがシスコンでも阿良々木くんの良い部分というのは変わらないので、それはそれでいいとも思いますけれど!

広告

 

春休みの一件で阿良々木暦は吸血鬼となりましたが、現在は少しばかり傷の治りが早い、また視力がとんでもなく良い、さらに身体能力も通常の人間よりはやや向上している、という部分を除いて他はほとんど普通の人間と変わりない存在です。切り傷や1話でガハラさんにホッチキスでパチンとやられた程度であるならばすぐに回復してしまうほどであるので、少しばかり、というのはちょっと違うかもしれませんが・・・。そしてもう一つ阿良々木暦を語る上で外せないのが「忍ちゃん」です。阿良々木くんの影に住んでおり、一心同体と彼女は言っていました。阿良々木暦忍野忍は現在ペアリングしている状態ですが、忍野メメが言うには、「忍ちゃんを見捨てればいつだって人間に戻れる」と言うこと。しかし阿良々木くんはそれを拒み、彼女とともに生きることを選びます。それは傷物語が全てを語っていますのでご覧になってください。何が言いたいのかと言うと、「阿良々木暦ほど正義感に強く、そして情に熱い男は中々いない」と言うことです。キャラクターとしての基盤というものがしっかりしており、それこそ他のアニメやラノベキャラに比べて格段にキャラクター性が熱いということがいえるでしょう!そんな阿良々木暦だからこそ熱いファンが多いのですね!

広告

 

もう語る必要がないほど、超絶的な人気声優です。特徴的な声色はもちろんですが、何よりどんな長く難しいセリフでもリテイクがほとんどない、ということで相当な技術をお持ちであることがわかります。「実力派中の実力派声優」と言っても良いでしょう。過去作でも様々な役を演じてきていながら一つの枠に捉われない多彩な演技力が特筆すべきポイントでもあります。人柄も良く、それゆえにファンも多いです。声優界でも業界スタッフからも慕われているほどにその人柄の良さが窺えます。阿良々木暦という役は神谷浩史さんにとって一つの大きなステータスでもあります。今後の活躍も期待したいですね!

広告

 

長々と語ってきましたが、阿良々木暦という人物がどういう人物であるかうまく伝わっていれば幸いです。私自身が思う阿良々木暦という男は「情に熱い男」です。とにかく仲間やそれこそちょっとした知り合いですら、困っていたら助けてしまうというそんな彼のキャラクター性はとても良いと思います。変な意味ではなく、私は阿良々木暦という人物が好きです。こんな男になれたならば、人生違う景色が見られるのでは? とたまに思うこともあります。これからもまだ物語シリーズはちょこちょこ続いていくとは思いますので、是非今後も阿良々木くんの活躍ぶりを拝見したいですね!
最後までご覧頂きましてありがとうございました!

他の記事もどうぞ!

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

www.sugaken-anime.com

広告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です