格安SIMの基本

音声通話つきSIMはもういらない。050番号に乗り換えて安く済ませそう。

やっほー!SuGakenです。

MVNOと呼ばれる格安SIMが有名になってきたおかげで、昔に比べるとスマホの毎月の使用量が大幅に安くなりました。しかし、それでもまだ高く感じる原因が、音声通話機能。080/090番号で通話することです。全く電話しなかった月であっても通話機能の基本料金が発生するので、ほとんど無駄です。よって、こんな電話機能なんて切ってしまって、IP電話、つまり050番号に乗り換えた方がメリットだらけです。

以前までのSIM契約状況。

ぼくが以前まで使っていたSIMの利用状況を、今回の例とします。

IIJmioから提供されているみおふぉんの「3GB ミニマムスタートプラン」の音声通話機能付きSIMを利用しており、基本料金は1,600円(税抜き)となっています。

その内訳は、データ通信が900円、音声通話が700円です。

普段、身内や知り合いとやりとりするのは基本的に、料金の発生しないLINEなどを使います。ただ、企業相手にお問い合わせだとそうもいきません。

メールやチャットだと時間がかかるので、急を要する事態であれば080/090で電話しないことはないのですが、このように使うことがまれなものに大して、最低700円も取られてしまうのは高すぎです。

データ通信だったら容量の追加さえしなければ定額で使えるのに、電話はかけた分だけさらにお金が発生するので、実際はもっと高くなります。

なお、通常ならば30秒ごとに20円となっていますが、楽天でんわを通じて電話していたので、30秒10秒に抑えられます。

ただ、企業相手にお問い合わせだと確実に短時間で終わらないので、1回の電話で200円くらいは覚悟しなければなりません。

大手キャリアだといくら電話しても定額だとは思いますが、そもそも基本料金がこれ以上に高過ぎるので、使いたくありません。

050番号の長所。

そこで今回おすすめしたいのが、050番号による音声通話。SIMに付随する音声通話と違って、サービスをまず契約してから、専用アプリを使って電話することになります。

050のサービスは多数あるのですが、今回ぼくが新たに契約したのはSMARTalk

基本料金0円。

最大の特徴がなんといってもこれ。月額基本料および初期費用が全くの0円となっています。

ただ持っているだけで料金の発生していた080/090番号とは大違いです。

つまり、全く電話しない月であれば全くもって料金が発生しませんし、電話をかけたならば、その分だけの料金ということです。

通話料金も安い。

080/090番号だったら、先程も挙げたように楽天でんわなどを通じて電話すれば、30秒10円に抑えられます。

通常の電話と比較して半額なので、これでもけっこう安くなっているように感じますが、SMARTalkの場合だと、30秒8円

楽天でんわよりもさらに安い通話料金となっているので、つい長電話してしまっても、そんなに負担にならないかもしれません。

データ通信用の電波を使って電話できる。

通常だとスマホは、データ通信用に使う電波と、080/090番号で通話するときに使う電波は、別物になっているはずです。

一方で、SMARTalkに限らず050番号というシステムに言えることですが、050番号はデータ通信用に使う電波を使って電話することになります。

外に居ればLTEなどの電波を使って電話することになり、屋内に居ればWi-fiの電波を使って電話することになります。

つまり、通常ならば電話がつながらない状況であったとしても、データ通信さえ安定していれば、電話がかけられるということです。

そんな状況あるの?って思われるかもしれませんが、田舎に住んでいれば確実に起こります。

ぼくの家は山奥にあるせいか、最初に貼った写真のように、屋外から電波がほとんど入ってきません。

場合によっては圏外になってしまうことがしょっちゅうで、そうなると電話はおろかネットも見れません。

ただ、家の中にwi-fiはあるため安定してネットを見ることはできるようになりましたが、いくら家の中にwi-fiがあっても外からの電波は圏外なので、080/090電話だけ全くかけることができませんでした。

でも050番号に変えてからは、そんな状況が起こらなくなりました。圏外の状況であっても、050ならばwi-fiさえ健在であれば、問題なく電話がかけられるのです。

もはや田舎は圏外ではありません。田舎でも固定の光回線は開通できますし、田舎に住んでいる人にこそ、この050番号に乗り換えることをおすすめしたいです。

050番号の短所。

通知がしつこい。

これは050というよりSMARTalkに関することですが、スマホの通知欄に常にSMARTalkが表示されっぱなしになり、しかも通知を閉じることができません。(Androidの場合。)

何か新しい通知が入ったのかと勘違いしそうになるので、非表示にする設定が欲しいところ。探しても見つかりませんでした。

電話なんてものは、起動させているということをわざわざ意識する必要がないはずです。

フリーダイヤルにかけられない。

0120で始まる番号のことです。そもそもスマホからかけられないことも多いのですが、場合によってはかけられるところもあります。

ただ、050番号を使っていると、あらゆるフリーダイヤルに対して、一切電話をかけることができませんでした。発信した瞬間にエラーと表示されて切れてしまいます。

これによって、一度だけ困った事態になってしまいました。

以前の記事にも書いたとおり、クレジットカードに知らない請求があって、その請求してきた店舗に注文内容を突き止めてもらおうとしたときがありました。

急を要する事態だったのでメールではなく電話で対応したかったのですが、その店舗がフリーダイヤルしかもっていなかったため、ぼくのスマホから電話をかけることができませんでした。

よってそのときだけは、面倒ですが近所の人から電話を借りて、080/090番号からかけることになりました。フリーダイヤルにかけるので、料金の面では迷惑にならないはずです。

今すぐ080/090を捨てて節約しよう。

残念ながら、ログイン時の二段階認証にSMSを要求してくるサービスも多いため、さすがにSMS機能まで切ることはできません。

でも、音声通話つきからSMSのみに乗り換えるだけで、毎月560円も節約できます。合計1,600円から1,040円です。

560円も浮けばちょっと昼飯1回贅沢できますし、ゲーセンなら5回も遊べます。年額にすれば6,720円になるため、そう考えると大金です。

実際にぼくは080番号を捨てて1ヶ月過ごしましたが、困ったことになったのは先程のフリーダイヤルの件1回だけであり、それ以外は何ら問題ありませんでした。通話の品質にも異常を感じられませんでした。

基本料も高いしつながらない080/090番号なんて、もはや必要ありません。

もし皆さんも今の電話料金にお悩みなら、思い切ってSIMから音声通話機能を切って過ごしてみることをおすすめします。

なお注意点としてみおふぉんの場合ですが、SIMのプランを切り替える際、電話番号の引き継ぎはできず、新しい番号になってしまいました

もしSMSでしかやりとりできない人が居る場合は、その人に番号が変わったことを伝えることをお忘れなきよう。

気がかりなこと。

050番号の新規契約時の入力画面にて、電話番号が必須項目として存在していました。その電話番号がいらないから、050に変えたいのに…。

いちおうSMSのみのSIMでも電話番号は存在するのでそれを入れておきましたが、大丈夫でしょうか…。あちらから音声通話で連絡があったのに、つながらなかったから違反。なんてことにならなければいいのですが。

とはいえ、SIMの契約には本人確認が必要だったはずなので、050側でも本人かどうかの判断のために、電話番号が必要なんでしょうか。

本当にフリーダイヤルに対しては諦めるしかないの?

ここまで書いておいてあとから気になったのですが、探してみたらフリーダイヤルに対してもかけられる050番号がありました。

フリーダイヤルにも使えるIP電話アプリ!050 Free | スマホ料金案内所

上記の記事でも紹介されている、050Freeというサービスなら、フリーダイヤルにもかけられるようです。

記事を見ただけで実際に使ったわけではないのですが、基本料無料は当然として、SMARTalkと比較すると、固定電話とIP電話にかけたときの料金は3分8円と圧倒的に安く、携帯電話相手でも30秒5.5円であり、それでも安くなっています。

しかもフリーダイヤルにかけられるとあるので、一見すると最高のサービスなのではと思ってしまいます。

ただ、フリーダイヤル以外にかける場合は事前にチャージが必要というのが厄介そう。そのチャージ金額も、クレジットカードでチャージする場合は最低500円からとなっています。

050番号なんてめったに使わないのに、そんなめったに使わないものに対してあらかじめ500円もかけられるかというのが、悩みどころです。

それさえなければ、確実に乗り換えするんですけどねぇ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。